読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちさめぱんだ。

前を向きたいから、後ろも見ながら書いてるブログです。

双極性障害かもしれない『わたしのケース』

きもち びょうき

今日は、双極性障害についてお話します。
初めてなんだかブログっぽいというか。日記じゃないというか。
少々長いですが、お読みいただければ光栄です。

軽度であるが故に、項目が当てはまっているように見えるだけでわたし自身がもしかしたら双極性障害じゃない可能性もあるし、もちろん専門家ではない上にインターネットなどから聞きかじった程度のものなので、わたしの主観から『双極性障害かもしれないわたしが感じたこと』という説明として受け取ってください。

 

双極性障害とは?

かっこつけてブロガーっぽく初めて見出しを使ってみました。
というのは置いといて。

双極性障害というのは、『躁うつ病』とも呼ばれる気分障害のひとつです。

病名のとおり、
「調子が良すぎて最高!自分はなんでもできる!天才!」と思ってしまうハイパーポジティブな”躁”状態と、みなさんご存じ「わたしなんか居ても仕方ない、誰もわたしなんか好きじゃない、死のう……。」と思ってしまうハイパーネガティブな”鬱”状態に繰り返し支配されてしまう病気です。

双極性障害『双極Ⅰ型』『双極Ⅱ型』に分かれます。

『双極Ⅰ型』は”躁”状態が激しく、行動力が高まって突拍子もない常識はずれなことをしてしまうらしいです。
わたしは”軽躁”状態と”鬱”状態を繰り返す、『双極Ⅱ型』にあたります。『双極Ⅰ型』について感じることができないので、今回は省かせていただきます。

『双極Ⅱ型』について

『双極Ⅱ型』は『双極Ⅰ型』と比べ躁状態が軽く、「今日は調子がいいぞ~!」と本人も周りもただただ元気・絶好調というふうに受け取れるような状態が何日か続きます。
わたしの場合、躁状態と思わしき期間は行動力も十分、明るく人当りが良くて仕事も趣味も集中してさくさく取り組むことができます。
本人も周りも躁状態が本調子と思ってしまうので、鬱状態が目立ち、うつ病と診断されがちだそうです。期間も鬱のほうが比較的長めです。(鬱状態も軽い「気分循環症」という場合もあるようですが……。)

Ⅱ型はうつ病と診断されるくらい、一見ただのうつ病と変わらないのですが、双極性障害の患者に抗鬱剤を服用すると、躁状態鬱状態が入れ替わり立ち替わりしてしまう『急速交代型』になってしまい、かなりの情緒不安定になってしまうようです。
実際に確信はないものの、わたしも高校生時代不登校になったときに抗鬱剤を用いて、それらしい症状に陥ったことがあるそうです。母情報なのでわたし自身は覚えていません。

ネットにはそれぞれの状態が数日間続くというように記載されていますが、わたしは楽しいことがあって思いっきりはしゃいだ次の日または当日の半日後ほどに、決まって気分が落ち込むケースもあります。
これが双極性障害のものか性格のものかはわかりませんが、「さっきまで楽しかったはずなのに、それが悪いことだったかのように感じてきた、全然楽しくなかった、行くんじゃ(やるんじゃ)なかった」と思い返して嫌な気分に陥ります。
良い思い出になるはずのことが、悪い思い出だと書き換えられてしまうのは自分でも悲しいです。

自分ではコントロールできない

「誰しも調子が良いとき悪いとき、もちろんあるだろう。病気だなんて大げさな。」

そう思う方もいらっしゃると思います。ぶっちゃけわたしも思います。
ですが、”ハイパーポジティブ”と”ハイパーネガティブ”が交互にくる病気であり、単なる気分の浮き沈みではない程に振れ幅が大きいです。
それに、その浮き沈みは自分でコントロールできません。なので、「機嫌に支配される」という言葉がしっくりくると思います。

本当に、気分が変わることに「きっかけ」がないときがあるんです。
何かがあるわけでもない。何が起きたわけでもない。
ただただわからないまま機嫌が悪くなって、本人も理由ない不満を抱える。
その不機嫌に気付いた周りが、「なんで?どうして?」と気にしだす。
もちろんそれには「なんでもない!」って怒ったままで答えるんです。わたしみたいな性格してると、余計な一言を付け加えて。


わたしの場合そこから必ず起こってくるのは、だんだんと腫れ物に触れるような扱いを受け始めることです。それがわたしは嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、近しい人ほどそうなっていきました。そういった悪循環で人間関係が壊れていく。

人間関係・金銭・仕事……パターンは様々ですが、それも双極性障害の特徴のひとつのようです。躁状態のときに大きい買い物を連続してしてしまうので(しかもカードで)、金銭面もなかなかにひどく崩れるときもあります。

躁状態鬱状態

先程はわかりやすく表現するために書きましたが、実は”ポジティブ””ネガティブ”と書くのは適切な言葉ではありません。
”ポジティブ”と聞くと、”プラス思考”と良い意味に見えます。が、躁状態は本人にとって、鬱状態よりものすごく怖いことなんです。


良いときの躁状態は正直素晴らしいです。
行動力もありふれて、何でも手が進む。重たい腰なんて知らない。
「ずっと躁状態でいたい!」「これがわたしの本領だ!」なんて思うくらいです。

ですが、悪いときの躁状態。これがかなり厄介です。
大雑把に言うなら、『悪いときの躁状態』=『激怒』『不機嫌』『考えなし』
つまり前記の不機嫌さと、「なんでもない!」と怒ったまま答える部分です。見ようによっては『調子に乗ってる』とも言えます。
性格が(たぶん)元より破天荒なわたしは、周りに当たってしまいます。心無い言葉を吐きまくって、いつのまにかズタボロに傷つけています。

後先考えずに行動してしまう、いわゆる暴走モードです。
お金だって、財布の中も口座の中も確認せず、値段も見ず、使ってしまう。
超俺様になって、天狗になったり「自分大好き!」「自分がナンバーワン!」と付け上がる。
これ、自覚あるけどないんです。言ってる意味がよくわからないかもしれませんが、これが普通・当たり前の状態になってしまいます。


そして、そんな躁状態から鬱状態になったとき。
躁状態を思い返して、「ああ、あんなこと言ってしまった。」「こんなことやってしまった。」「自分がいなければ……死にたい死にたい……。」となってしまいます。
何もかもから逃げてしまいたい……という気持ちももちろん含まれるのですが、罪悪感と自己嫌悪で頭がいっぱいになります。

「きっと傷つけてしまったから、わたしなんて気持ち悪いから、わたしを想ってくれる友達なんかいない、家族もわたしに失望している、お金も使いすぎて全くないし、わたしには何もない……消えてなくなりたい……。」となってしまうわけです。
ただただ辛いです。めちゃくちゃ辛いです。跡形もなく塵になりたいです。
……となった瞬間に、自殺する人がものすごく多いそうです。双極性障害は、5人に1人の割合で自殺が報告されている、自殺率の高い病気でもあります。
(と聞くと捻くれもののわたしは絶対自殺なんかしてやるか!と思い止まってきて今に至ります)
有名ミュージシャンや有名作家の自殺は、もしかするとこのケースに当てはまるのかもしれません。


まとめますと、これらが周期的にくる病気が双極性障害です。

唯一の救済は、躁状態でも鬱状態でもない、いわゆる普通の時期があることです。
双極性障害の人にも振れ幅がないときだってあります。0か100かじゃなくて心底良かった。

発症原因

気になる原因についてですが……
はっきりした原因は解明されていないようです。
遺伝、環境、性格……それらが原因だと考えられています。まさに全部が原因だと思います。
まず、要素として『遺伝』と『性格』。それを悪い方向へと導く『環境』。それらが相俟って、発症へと至る気がします。
うつ病が発症しやすいケースと似た性格・環境が条件なような気もします。

遺伝で継いでる人でも、性格や環境が発症条件に当てはまらず、発症していないだけかもしれません。気付いていないだけかもしれません。
父親はそれっぽい面も持っているなぁと感じます。自力でなんとかやってやるって思考を持っているところがわたしと違うところです。)
アスペルガー症候群ADHDと違って、仮に遺伝が原因であったとしても、発症する・しないがあるのは非常に興味深いです。と同時に、解明は難しいようにも感じます。


治療法

治療方法については、薬物療法が有効的なようです。わたしが行っているのも、薬物療法です。
精神療法ももちろんありますが、自分に合ったカウンセラーに出会わなければ改善は難しいと思います。カウンセリングを受けたい方は、病院で決めるのではなく、自分に合った人を見つけられるまで転々としてみてください。


基本的に飲むお薬は、『気分安定剤』です。
躁状態を治すわけでも、鬱状態を治すわけでもなく、どちらの波も抑えて振れ幅を小さくするお薬です。まぁ、安定剤というくらいですから、文字どおり安定させるお薬です。
症状の重さによっては飲むお薬が増えたり、別のものを飲んだりするようですが、わたしのような軽度な患者は気分安定剤で十分のようです。
わたしは『ラミクタール』というお薬を服用しています。

お薬といっても、風邪薬のような即効性があるわけではありません。
「薬が効いた!」「切れた!」という感覚はほとんどないに近いです。
将来再発しないように、時間を掛けて安定させていくお薬です。蓄積させていくようなイメージだと思っています。
わたしは飲み始めて3~4週間程してから安定してきて、効果を実感しました。(副作用が起きると困るので、最初は飲む量が少なかったのもあります)


安定剤が効いてくると、波がなくなるので『絶好調』も『絶不調』もなく、『普通』が続きます。
聞こえはあまりよくないですが、だんだんと効いてきたような気がしてきてから、「波がないのってこんなに落ち着くんだ」と感じました。
絶好調な躁状態が抑えられている分、無理に夜更かしをしたり動き回ったりはできません。ですが、鬱状態も抑えられている分、しんどくて気が重くてベッドから出られないということもなくなりました。人並みに動ける感覚です。


双極性障害かもしれない……」と思いながらこれを読んでいる方。
「依存になる気がするから、お薬に頼るのはちょっと……」と思っていたりしませんか。
わたしも思っていました。脳筋なので、風邪すら「気合で治すぜ!」と思う子でした。
ですが今回初めてお薬に頼ってみて、「お薬に頼るだけでこんなにも気分が楽で、物事が安定して進められる安心が得られるなら、生涯お薬を飲んだほうがいい」と思いました。

なので、迷っている方は挑戦してみてください。
完治はしない病気なので、再発防止に生涯飲み続けなければいけない可能性はありますが、安定さえすればお薬を飲まなくて良い状態まで回復することもあるようです。
これは人それぞれなので、難しいですね。

今のところわたしは「お薬を飲まなきゃ不安……」だとか、「お薬を飲まないと調子が悪い」ということにはなっていません。つまり依存していません。
うっかり朝お薬を飲むのを忘れたまま家を出てしまったとき、夕方までお薬を飲まなかったことも何回かあります。でも、だからといって急激に調子が悪くなることはありませんでした。

ですが、ネットの至るところにも書いてあるように、独自の判断で急にお薬を断つと、再発したりよりひどくなったりするようなので、絶対におやめください。
場合によっては何かしら副作用も出てしまうかもしれませんね。



ということで。
双極性障害』について、わたしが思いつく限りのことを並べてみました。
細かいことは端折ってあるので、詳しくはググっていろんなサイトをご覧ください。

双極性障害(躁うつ病)情報サイト|日本イーライリリー

こちらはとてもわかりやすく書かれています。ぶっちゃけると、この記事で書いたことのほとんどがこのサイトの受け売りです。
まぁ……説明目的ではなく、知らない人に触れるきっかけになってほしいだとか、「双極性障害かも……」と悩んでいるわたしと同じ立場の人に共感してほしいだとかで書いているので、興味を持たれた方はもう少し奥まで入ってきてみてください。
こちらの立場からすれば、理解者がいればいるほど心強いし、生き易いです(笑)


以上、長くなりましたが。双極性障害かもしれない『わたしのケース』でした。